本当に意味のあるエコとリサイクルを考える

肉や魚を買ったときについてくるトレー。ごみ袋に入れるとかさばるので専用のごみ箱に捨ててごみ袋のエコをしてます。

サイト内検索(by Google)
本当に意味のあるエコとリサイクルを考える

トレーは専用のごみ箱に入れてごみ袋の節約でエコ

ペットボトル、ビン、空き缶など分別してリサイクルを長年してきてます。駅やお店の前に可燃物や不燃物など分別されたごみ箱が並べられてます。私たちも最初は面倒と思いながらも最近は何気なく分別できるようになってきてます。他にも探せばリサイクル活動が生活の中に浸透されてるのに気づきますよね。主婦の行動からは、更に買い物したときに付いてくるトレーなども専用ごみ箱に捨てに行くことがあります。お肉やお魚などを買った時のお皿替わりになってるものです。あのお皿はごみ袋の中に捨てるときちょっと邪魔になることがあるので専用のごみ箱を利用してます。

買い物後、家に着いて調理をしたり冷凍したりして余ったトレー。これって結構かさばるんですよ。ごみ袋に入れるとき、パキパキっと折って捨てないとすぐにごみ袋がいっぱいになってしまうし、その折った角がごみ袋を突き破ってごみ袋に穴が空いたり、面倒なことになりがちです。ですので、買い物に行ったついでにスーパーの前に置かれた専用のごみ箱に入れるほうが助かるんです。家のごみが減らせて、リサイクルできてエコにつながるなら嬉しいですよね。使うごみ袋も減らせますし。私はこの方法をずっとやってます。

分別が大変とか、わざわざ持っていくのが面倒と思うと体が動きません。ごみ袋を減らして節約できる、と考えればすこしは気が楽になりますよね。ごみ袋って意外とお金かかってますし、最近はレジ袋をもらってないので大きいごみ袋に直接捨てることになってしまって穴が空きやすいので、さらにトレーも入れるなんて大変なんです。こうやって助けてもらえることもあるので、面倒くさがらずにどんどんやっていきたいと思ってます。リサイクルにつながってエコになるなら尚更ですよね。

お役立ち情報

Copyright (C)2017本当に意味のあるエコとリサイクルを考える.All rights reserved.